AVRで赤外線リモコン送信機を作る

  • はじめに
  • 部品
  • 送信機
    • 回路
    • プログラム
    • 送信している様子
  • 受信機
    • 回路
    • プログラム
    • 受信した様子
  • 応用
    • プログラム
      • 出力例
    • モニタを操作している様子

はじめに

赤外線とは、波長が780nm~1000umの光(電磁波)である。赤外線は波長によって3種類に分類され、可視光に近い順から「近赤外線」、「中赤外線」、「遠赤外線」と呼ぶ。一般的に赤外線リモコンには900nm帯の「近赤外線」が使用されている。

今回は、送信機にAVR(ATtiny2313)、受信機にArduino Unoを使用して赤外線リモコン送・受信機を製作した。受信機は、Arduinoに接続した赤外線リモコン受信モジュールから信号を読み取り、Arduino-PC間でシリアル通信をして信号をコンソールに表示させた。

続きを読む

AVRのPWMを使って38kHzの波形を作る

  • はじめに
  • プログラム
  • メモ

はじめに

AVR(ATtiny2313)の高速PWMを使い、約38kHzの波形をオシロスコープで観察した。

PD5 (OC0B)から波形が出力される。

続きを読む

AVRのタイマを使ってLEDを点滅させる

  • はじめに
  • プログラム
  • メモ

はじめに

AVR(ATtiny2313)のタイマ/カウンタ0を使った。

タイマ/カウンタ0の動作モードには

  1. 標準
  2. CTC (Clear Timer on Compare Match)

がある。

これらの動作モードの時、タイマ/カウンタ0は

  1. 0xFF
  2. OCR0A (0x00~0xFF)

までの値をカウントすることができる。

各モードの様子をLEDを使って確認した。

標準モードではPB0~PB3のLED、CTCモードではPB0~PB2のLEDが点滅する。

続きを読む

AVRとスイッチを使ってLEDを点灯させる

  • はじめに
  • プログラム
  • メモ

はじめに

AVR(ATtiny2313)を使ってスイッチ入力をした。

一度PA0のスイッチを押すとPB0~PB3のLEDが点灯し、もう一度スイッチを押すと消灯する。

続きを読む

AVRでLEDを点滅させる

  • はじめに
  • プログラム
  • メモ

はじめに

AVR(ATtiny2313)を使ってLチカした。

PB0~PB3のLEDが約0.5s毎に点滅する。

続きを読む